脇の黒ずみ改善!皮膚科に行かないで治す完全マニュアル

海やプールに誘われたり、ノースリーブの服を着たいことも多いですよね。
こんな時、脇の黒ずみへはよい対処方法に悩みます。
脇が黒ずむ原因と、自宅でできる脇の黒ずみケアをご紹介します。

脇の黒ずみの原因はひとつじゃない?

ノースリーブの服を着たいと思ったとき、あるいは周囲の誰かに言われたときなどに気がついた脇の黒ずみ。
長年悩んでいる方もいらっしゃると思います。
脇の黒ずみの原因はいったい何でしょう?

黒ずみの原因とは

黒ずみには二通りのタイプがあります。
一つ目は「メラニン色素の沈着」、二つ目は「皮脂などの汚れの詰まり」です。

① メラニン色素の沈着

これは脇にあるメラニン色素が、肌のターンオーバーの乱れで排出されず、残っている状態です。

ターンオーバーとは、皮膚の深い基底層で作られた細胞が、変化しながら一番表まで押し出され、最後に垢となって出て行く、一連(肌の新陳代謝)を意味します。

通常ターンオーバーの最後には、メラニン色素は角質と一緒に垢として落ちます。
しかし肌のターンオーバーが乱れると、メラニン色素を含んだ角質が残り続けることとなります。

②皮脂などの汚れの詰まり

「皮脂などの汚れの詰まり」タイプの黒ずみは汚れが原因です。
これは、皮脂汚れや脇のケア用品などが毛穴などに詰まってしまっている状態です。

汚れは肌にストレスとなり、肌のターンオーバーに悪影響を及ぼします。
このため、汚れによる肌ストレスは「メラニン色素の沈着」にも関係します。

脇にメラニン色素が出るワケ

メラニンというと、日焼けと関係するイメージがありますよね?

メラノサイトという細胞が作るメラニン色素は、紫外線などの刺激から体を守る機能の一つ。
日焼けはもちろん、虫刺されで肌をかく、強い力で肌を洗うなども、刺激になります。

ほとんど日焼けをする機会がない脇が黒くなってしまうのは、なんらかの刺激が与えられているからなのです。

具体的に、黒ずみの原因になる行動を見ていきましょう。

脇を黒くする4つの行為

脇へのセルフケアは肌のターンオーバーの乱し、メラニン色素の溜め込みを促進します。
以下の行動は脇の黒ずみの原因となります。

毛抜きや毛を剃る

女性の脇といえば、カミソリや毛抜きなどを使用した「脇毛の処理」は基本です。
しかし脇毛の自己処理は、脇の刺激の原因となります。

刺激予防のために、ムダ毛処理専用のクリームなどを用いる方法がありますが、「脇毛の処理」そのものが脇への刺激となってしまいます。

脇はレーザー脱毛などで「脱毛」してしまうのは、専門家などのオススメでもあります。

制汗剤を使う

スプレータイプや塗るタイプといった、さまざまなタイプの制汗剤がドラックストアで市販されています。
脇の清潔感を保つために使用する制汗剤は、脇の汚れの原因となります。
成分が脇への刺激となってしまう場合も。

これらの刺激は、ターンオーバーを崩す原因となります。

服や体の洗い方による摩擦が

バスや電車でつり革をつかむときなどは、服が脇に擦れます。
脇の汚れや垢を落とすためには、脇をゴシゴシと擦ります。
これらの日常的な動作は、知らずに脇へ刺激を与えています。

日々の生活で、脇の擦れを多く感じる方は要注意。
刺激によりターンオーバーの乱れを起こしてしまいます。

乾燥や汗のムレ

脇は汗やムレなどで汚れが起こりやすく、不衛生になりやすい部分です。

また実は、脇には乾燥も起こります。
乾燥で肌のバリア機能が弱まれば、肌は刺激を感じやすくなります。
普段より小さな刺激へも敏感になり、ターンオーバーが乱れる原因となります。

「隠す」方法がNGなワケ

脇用ファンデーションを塗って「隠す」方法や、肌を白くする作用のクリームで色を変えて「隠す」方法は、肌にダメージを与えます。
これらの「隠す」方法は、さらなる黒ずみを引き起こしてしまう可能性があります。

ファンデーションでかくす

ウォータープルーフのもの、色移りしないものなど、さまざまな特徴の脇用のファンデーション商品が売られています。

「黒ずみ」の地道な改善は、もう間に合わない!といった場合には、即効性がある脇用ファンデーションを使用するのも良いでしょう。
しかし、肌ダメージを引き起こす原因にもなってしまいます。

汚れの原因に

毛穴に脇用ファンデーションが入り込めば、これは汚れの原因となります。
さらに、薄くデリケートな脇に対して、クレンジングで摩擦する必要が出てきます。
結果的に「脇の黒ずみ」がひどくなる可能性があります。

ハイドロキノンで漂白

シミは過剰なメラニン色素の放出が原因で起こります。
このシミなどを消すために使用されるハイドロキノン。
ハイドロキノンは、メラノサイト(メラニン色素の産生をする細胞)の活性を抑える効果があります。

しかし、大きな肌トラブルを引き起こす原因となりえます。

皮膚科や市販で

ハイドロキノンの配合されたクリームは、皮膚科の施術として処方されています。
ハイドロキノンは5%以上で発ガン性が確認されており、非常に強い作用がある成分です。
敏感肌の方は、パッチテストで炎症が起こる可能性があります。

ハイドロキノンが配合された化粧品は、市販でも手に入ります。
しかし配合が少なければ効果は薄く、逆に多ければ危険性が高くなります。

ハイドロキノンの効果は「メラニン色素の産生を止める」までです。
メラニン色素の排出はせず、自分のターンオーバーまかせになります。
このため、皮膚科ではターンオーバーを促進するトレチノインなども一緒に渡されるようです。

肌の老化を早める原因に

ハイドロキノンはメラニン色素の産生を抑えるので、肌は紫外線にとても弱くなります。
この間に、紫外線は活性酸素を増やし、肌を傷つけ、老化させます。

このため、ハイドロキノンクリームの使用後の紫外線対策は念入りに行う必要があります。
対策後も油断はできません。
しっかりと対策できているか、汗で紫外線対策用のクリームが取れていないかどうか、常に気にする必要があります。

長期間同じ部分に使用が難しい、など使用法もデリケートで注意が必要です。

自宅でできる!脇の黒ずみ解消法

長期の目線では、肌のターンオーバーの改善が大切です。
脇に刺激を与えないことも大切。
生活面でターンオーバーを改善する、ナチュラルな肌の黒ずみ対処法です。

食生活を見直す

偏食や脂っこいファストフードなどの食事を好む傾向の方は、食事の改善をおすすめします。
栄養素のビタミンA、B群、C、Eは、肌のターンオーバーに必要です

ビタミンAは免疫力向上(ほうれん草やニンジン等)、ビタミンB群(主にB2、B6)は新陳代謝を助け、皮膚を健康に保つ(B2…焼き海苔やわかめ等、B6…バナナやマグロ等)働きが。

さらに、ビタミンC(焼き海苔やフルーツ等)はコラーゲンの生成を助ける働き、ビタミンE(魚介類やアボカド等)は血流を良くし、肌ツヤを良くするなどの働きがあります。
たんぱく質やミネラルも必要です。

紫外線で発生する「活性酸素」は肌のターンオーバーを乱す原因です。
上記のビタミンには、「活性酸素」を除去する「抗酸化作用」もあります。

肌のターンオーバーを改善するためにはバランスのよい食事をとりましょう。

睡眠をしっかりとる

肌のターンオーバーが活発な時間帯は、夜22時から夜中の2時までと言われてきました。
しかし近年は、最初の3時間の睡眠の質を高くすればよい、と言われているようです。

よい睡眠をとることは、肌のターンオーバーを保つために大切です。
寝る前のスマホなどは避け、ぐっすり寝ましょう。

乾燥させない

皮脂・天然保湿因子・セラミドにより肌の水分は保たれています。
「乾燥」とは、これらの成分が何らかの原因で減少したのち、水分が蒸発することにより起こるカサカサの状態です。

脇用ファンデーションをクレンジング剤で落としたり、強くゴシゴシ洗ったりする行動は、これら天然保湿因子などを洗い流す原因となります。
乾燥肌対策として、ドラッグストアなどで販売されている、スキンケア用の保湿クリームや化粧水などでのケアが必要です。

自宅でケア用品を作る

豆乳ローションや重曹などで黒ずみを改善してみようとした方が多くいらっしゃるようです。

口コミやサイトから見ると、重曹はいい結果が出ないようですが、自作の豆乳ローションは効果がみられ、人気があるようです。
毛が抜きやすくなったり、肌ツヤがよくなったり…といい結果があることも人気の一つです。

自作の場合の欠点は、手間がかかるわりには長持ちしないという点です。
また自作のため、効果があった黒ずみの原因が「メラニン沈着」か「汚れ」かについては、よく分かりません。

市販品のパイナップル豆乳ローションは、汚れ黒ずみには効果があると言い切れるようです。
しかし、メラニン色素沈着の黒ずみについての効果は不明です。

自作・市販どちらもアルコールを含むので、敏感肌の方には合わない可能性があります。

まずは自宅でできる方法を

お金と時間をかけても、本当に脇の黒ずみに結果が出るか分からない、病院では相談しづらい…といった方は、多いのでは。

そんなときは、自宅で「脇の黒ずみ専用の商品」を試してみましょう。
返金保証がありますし、1ヶ月程度の期間は効果が出るか様子をみることができます。

中でも、試していただきたいのが「アットベリー」。
口コミのよさ、さらに効果が出ない場合の返金保証もあるので、自宅ケアのお試しに最適です。

「アットベリー」をおすすめするワケ

皮膚の黒ずみ対策専用で作られたジェルクリームがあります。
それが「アットベリー」。

美白成分、保湿成分などが配合され、塗るだけで黒ずみが改善されると話題になっています。
編集部でも、脇の黒ずみ対策であれば「アットベリー」が一押し!
その理由とは?

アットベリーの特徴

特にメラニン色素の沈着による脇の黒ずみは、肌の角質がターンオーバーで垢となれずに残っている状況です。

アットベリーは「メラニン色素の生成を抑える成分」と「肌のターンオーバーを促す成分」で、黒ずみを改善するジェルです。
低刺激で敏感肌の方に配慮されています。

脇だけでなく、膝や二の腕などさまざまな部位に効果があるようです。
小鼻の黒ずみあたりだと、1週間ほどで効果が出た方もいるようです。

黒ずみがとれるまでにかかる日数

脇の黒ずみに関しては、1ヶ月程で効果が見え始める方もいるようです。
1ヶ月~1.5ヶ月間使用できる内容量なので、様子を見て、次に続けるか決められます。
180日間の返金保証が付いていますので、お金のムダを心配する必要がありません。

アットベリーの特徴

低刺激も特徴ですが、その他にもさまざまな特徴があります。
美容効果が得ながら、自宅で脇の黒ずみを治すことができます。

刺激を防ぐバリア機能

乾燥を防ぐために6つの保湿成分が配合されています。
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など、肌の水分やハリなどを保つ効果が期待できます。
乾燥対策だけでなく、黒ずみケア中に肌を美しくする効果も期待できます。

メラニン色素の排出を促す

美容成分の一つであるプラセンタによって、肌のターンオーバーが活発に。
メラニン色素が含まれた角質を徐々に排出していきます。

植物由来のメラニン抑制成分

プラセンタの他に、植物由来の成分が含まれています。
植物由来の成分がメラニン生成を抑制し、黒ずみの進行にストップをかけます。

脇の黒ずみはスッキリ解消!

いかがでしたでしょうか。

ターンオーバーによって脇の黒ずみはスッキリ解消されるはず!
「埋没毛」の可能性がある場合は脱毛サロンや他の専用ジェルなどに頼る必要が出てきますが、まずはリーズナブルに自宅でできる黒ずみケアから始めてみましょう。

長年悩んでいた脇の黒ずみが案外すぐに治ってしまうかも?!

脇の黒ずみを治す市販商品はある?